お庭の剪定お任せ下さい

剪定道具の紹介

佐賀県佐賀市のサトル植木で剪定、伐採、撤去作業で使用する道具のご紹介をさせて頂きます。よくお客様から、「やっぱり植木屋さんが使うハサミは音もいいし、切れ味が違うね〜、高いんでしょう?」と言われますが、そんな事はありません。使用する道具のほとんどはホームセンターなどで揃えてますので、お手頃なお値段で、一般の方でも簡単にお買い求めできます。お庭のお掃除やお手入れをする機会が多い方や、今から趣味で始めようとお考えの方に、参考の一つにして頂ければと思います。

刈り込み鋏(バサミ)60型

刈り込み鋏60型

主に刈り込み剪定をする際に使用します。マキの木のような葉が柔らかく切れにくい植木で試して頂いたら切れ味が一目瞭然です。一度で切れず、樹木の葉が挟まったり、潰れたりして何度も切り直すストレスもなくなります。私自身はマキの木用と、その他の硬い植木用(カシの木、キンモクセイ、イヌツゲ、サザンカ、ヒイラギなど)で2本の刈り込み鋏を分けて使用しています。また持ち手の長さは短いタイプもありますので用途に合わせて使いわけましょう。また、ノコギリで好みの長さに切るのも手です。写真の短い方は自分で切りました。少しでも長持ちするように、小まめに油を注し、サビつかせないようにお手入れを心掛けましょう。
※刃こぼれした際は、砥石で研ぎましょう。※割り箸以上の太い枝には使用しないでください。刃こぼれや、切れ味が落ちる原因になります。剪定鋏を使用しましょう。

植木鋏(バサミ)D型

植木鋏D型

基本的には松の木(クロマツ、アカマツ)、五葉の松の木の、透かし、芽摘み、揉み上げ剪定に使います。また、紅葉のような入り組んだ細かい枝葉の、透かし剪定などにも欠かせません。また、芝刈りの際に刈り切れない細かい隅々を刈り取る際にも使用しますし、造園や、植栽の際に植木の支柱にシュロ紐などで竹と結び固定したり、さまざまな切りわける作業にも欠かせません。1年間研がずに使用しても切れ味が変わりませんので、たまにしか使わない方は何年ももつと思います。小まめに油を注しサビつかないように気をつけましょう。
※刃こぼれした際は、砥石で研ぎましょう。※割り箸以上の太い枝には使用しないでください。刃こぼれや、切れ味が落ちる原因になります。剪定鋏を使用しましょう。

剪定鋏(バサミ)210mm

剪定鋏210mm

割り箸以上の太い枝を剪定する際に使用します。女性でも少しの力で簡単に切れますので刈り込み鋏や、植木鋏で簡単に切れない時に使用しましょう。また剪定鋏は、紅葉、シマトネリコ、ヤマボウシ、ハナミズキ、サルスベリ、モクレン、ケヤキなどの刈り込み鋏での剪定が難しく、綺麗に仕上がらない庭木の剪定に大活躍します。更に、部位部位に太い徒長枝がある、モチノキやカシの木のような樹木を刈り込み剪定をする際に、剪定鋏を使い先に徒長枝を根本から切り抜きながら作業をしますので欠かせません。また、表面の刈り込み剪定じゃなく、樹木のふもとから切る透かし剪定のよな作業に使用しますので、必ず必要な鋏の1つです。植木の掘り取り、移植する際の根巻き作業時の根切りにも用意ます。
※ 親指以上の太い枝は、無理せず太枝切りかノコギリや太枝切りを使用しましょう。腱鞘炎などの怪我の原因になります。

剪定ノコギリ 万能目210mm

ノコギリ 万能目210mm

庭の伐採や樹木の撤去、大胆にバッサリと太い枝木を切る剪定作業、植木の移植で掘り取り、根巻き作業時に出てきた太い根などを切るときに使用するのがこの剪定ノコギリです。両刃だと他の枝を傷つけてしまうため、片刃のものを選びます。枝と枝の間に無理なく差し入れられるよう、刃の先端の部分が細く丸くなっているものが使いやすいです。折りたたみ式の方は収納には便利ですが、長期間使わないと知らず知らずのうちにさびてしまうことがあるので気を付けましょう。使用するコツは、切り取る枝や根を手でしっかりと支えて枝が動かないように固定してから、刃を引くようにして切るとスムーズです。

太枝切り鋏(バサミ)

太枝切り鋏

親指以上の太い枝木も簡単に軽い力で切る事ができます。ナンテンのような剪定鋏では切るのが困難で、ノコギリでは効率が悪い時に太枝切を用意たら便利です。またチェーンソーや、ノコギリなどで庭の伐採した太い剪定くずや、枝葉を細かく切り分ける作業などで大活躍してくれます。また植木の移植、掘り取り作業時に太い根っこを切る際のにも最適です。切り口が剪定鋏タイプがオススメです。
※泥や砂を一緒に切ると刃こぼれをしますので、その際は砥石で研ぎますと長持ちします。

造園腰巻道具

造園腰巻道具

腰に巻く道具はこのくらい揃えて頂ければ問題ないかと思います。すべてホームセンターでお買い求めできます。殺虫剤は、蜂の巣を撤去する際に使用しますので、欠かせません。また、目の前の蚊や毛虫を退治する際にも使用します。一緒に入れているのは、融合剤といい、親指より太い枝を切った際に、植木が切り口から弱らないように塗るお薬です。種類はいくつかありますが、何でも構いません。

生垣バリカン(ガーデンヘッジトリマー)

生垣バリカン(ガーデンヘッジトリマー)

マキの木の生垣の横面の刈り込み剪定は刈り込み鋏での刈り込み剪定では、時間がかかる上に凸凹になりがちですが、生垣バリカンを用意ると真っ直ぐ綺麗に仕上がり、倍以上のスピードも期待できます。またカイズカの剪定、サツキ、ツツジ、ツゲの木などの下ものの刈り込み剪定に適しています。ただ少し気を抜くと深く切りすぎたり、指を切断する危険もありますので気をつけて使用してください。
※キンモクセイやヒイラギ、カシの木など硬い太い植木の剪定には使用を控えて下さい。故障の原因になります。また小まめに油を差しながら使用しましょう。

電動式チェーンソー

電動式チェーンソー

庭の強い剪定作業や伐採、樹木の撤去作業に使用します。重たいエンジンチェーンソーに比べとても軽く、安全ですし、音も小さく使いやすいです。電動ですが、直径10センチ以上の幹も軽々と切れますのでパワー不足の心配もありません。一般の方にはオススメです。お値段もお手頃かと思います。
※ 小まめに油を注し、チェーンソーオイルを必ず忘れずに注入しましょう。

ブロワー

ブロワー

剪定作業が終わり掃き掃除後の、お庭の仕上げ掃除には欠かせません。掃き掃除では取れない細かいクズや、砂利の上の剪定クズなどを、風の力で隅に寄せて取り除きます。使い慣れると掃除が楽になりますのでオススメです。仕上げ掃除は作業後の剪定仕事をさらに美しく見せてくれるため、大切な工程です。

コードリール

コードリール

通常は庭に電力は来ておりませんので、広範囲な庭の手入れには欠かせない存在です。生垣バリカン(ガーデンヘッジトリマー)や電動式チェーンソーを使用する際は必ず必要になります。基本的には何でもいいのですが、雨、サビ対策に蓋付きのアルミをオススメします。

防虫ネット(寒冷紗、遮光ネット)

防虫ネット(寒冷紗、遮光ネット)

剪定や伐採に作業後の掃除の手間を短縮するために植木の下周りに敷いて使用します。また、剪定クズをネットの上に載せ、風呂敷のようにまとめて運搬し、トラックへの積み込むことで作業効率が格段にアップするので欠かせない存在です。3メートル程に鋏できりわけ使用すると使いやすいです。

お問い合わせフォーム
0952-45-7369